FC2ブログ
プロフィール

 ●バイク修次郎
パチンコ以外の趣味はバイク。
現在【第1、3木曜日発売のパチンコ必勝ガイド】にて執筆中。
また、CSの「サイトセブンTV」や「フジテレビONE」にも出演。
週末旅打ち映像版
パチ&スロ!!ガイドワークス 実戦&ブログ
サイトセブンカップ
パチンコLAB~2nd season~

最近の記事

過去の記事

バイク修次郎の日本一周旅打ち日記
全国制覇は終えたが、週末旅打ちは継続中!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それではまた!
20070801024435
20070731225747
日本一周の旅は終わりましたが、今後も一風変わったチャレンジを積極的にしていくつもりです。その模様は、「パチンコ必勝ガイド」で掲載していきます。と同時に、また何らかの形でブログを始めるかもしれません。その時はこのブログでも告知しますので、ヨロシクお願いします。それと旅の全収支については、「パチンコ必勝ガイド」に掲載後、ここで見れるようにしておきますね。
最後になりますが、この旅で関わった全ての人とパチンコには、心から感謝しますm(_)m

それでは皆さん、また逢いましょう!! 互いに幸あれ!!!
スポンサーサイト
ありがとうございました!
20070731012737
200707310127362
20070731012736
200707310127352
20070731012735
民宿【てぃだん】を9時半過ぎにチェックアウト。宿のおばさんに聞いたところ、貸切で泊まれるというのは滅多に無い事らしい。食事も美味しく、部屋も奇麗で快適だったから嘘じゃないだろう。宿を出て、10時発の石垣行きの船に乗る為にトボトボと港へ向けて歩いていると、すれ違う原付のおばちゃんから「もう、船の階段あげてるよ!!」との恐ろしい台詞が…。慌てて走って行くと、ギリギリセーフで乗り込めた。

船は4時間半後に、我が家?のある石垣港へ到着。そしてマイカーへ乗ると、ここでショッキングな出来事が発生! どうやらアリの進路に車を停めたらしく、無数のアリが車内をウロウロ(汗)。

慌ててマックスバリュー近くの薬局で殺虫剤を購入して車内にブチ撒いた後、飯を食っていつもの寝床でこのブログを書いてるところ。

30日食べた物 砂糖パン、バナナ、うなぎ弁当、すもも、チョコ原人、とろりくりむプリン、三枚肉そば
飲食代 約2200円
宿代   6000円(素泊まり2泊分)
雑費  約300円
    計3100円
走行距離 12.1キロ
自己評価点 80点
写真
●出港10分前に階段上げるのは早ぇよ。
●青い橋がシンボルの石垣港。
●よく利用するマックスバリューに観光バスが止まってて、店内には韓国か中国人がウジャウジャ。あるカップルは、ビデオで店内を撮影してた。ええ加減にせい! って、俺も変わらんな。
●キミ食堂のそば。かなり濃厚な味。

★皆さん、長い間ご愛読ありがとうございました!! 2005年の10月に、大先輩の助言と友人の協力によりこのブログを始めました。旅とパチンコとブログの更新で、正直苦しい時も多々ありました。毎日更新する事は、もちろん義務じゃ無かったんですけど、不定期に更新すると嫌な日は書かなくなってしまうのと、楽しみにしてくれてる読者がいるとの想いで、今日まで続けてこれました。文章力の無さで、駄文ばかりの更新となり申し訳なく思いますが、今後は、恥じない文を書けるよう精進するつもりです。

このブログを読んで下さってる人は、少なからずパチンコに関わった事のある方が多いと思います。改めて言うまでもないですけど、俺は「パチンコ」が大好きです。その「パチンコ」で繋がった方々との縁を、とても幸せに感じます。

ブログ開設当初、批判的なコメントをくださった方、擁護してくださった方、応援メールをくださった方、直に話した方…全ての方々に心から「ありがとう」と言いたい。パチンコのお陰で知り合えた方は、ある意味、皆「仲間」。旅の後押しをしてくださった方々には感謝しますm(_)m

最後に宣伝となりますが、沖縄戦の詳細と旅終結の想いは、8月2日発売の(北海道や九州では3~5日程。石垣島では7日前後遅れで入荷)【パチンコ必勝ガイド】の中の「放浪生活」という連載ページで掲載しています。それ以後の号では、旅の全収支やランキングを掲載予定です。発売日は、第1、3木曜となっていますのでヨロシクお願いします(放浪生活は第1木曜発売号)。

それと、ホールに置いてある【月刊パチンコ&パチスロニュース】という小冊子でも、「パチンコ一本道」というコラムを書いてるので、そちらも併せてヨロシクお願いします。

あと先日も書きましたけど、スカパーで放送してる【パチテレ】の【夜パチ必勝指南】含め、その他の番組も面白くて為になるので、余裕があればご契約を(勝ちたい人はマジでお勧め)。

それでは、明日が最終更新という事で…まだ書くの!? って声が聞こえてきそうですが(苦笑)。
29日与那国島ダイビング
200707302042472
20070730204248
20070730204247
200707302042462
20070730205447
20070730215436
20070730204246
200707302036204
200707302036202
20070730203620
20070730203619
20070730203416
200707302034152
200707302034154
20070730203415
20070730203414
ショップ「与那国ダイビングサービス」
1本目ダンヌ浜 ENT10:18~EXT10:46 28min 水温31℃ 透明度40m最大深度18m
2本目ダイヤティENT13:25~EXT14:02  37min 水温31℃ 透明度40m最大深度26m
3本目海底遺跡 ENT16:31~EXT17:22 51min 水温32℃ 透明度30m最大深度16m

1本目でホソカマスの大群に遭遇。
海底遺跡では潮の流れは弱め。
遺跡か自然造形物かで物議となってるけど、潜って実際に体感すると遺跡に思える。
鋭角に削られた岩石を見てると、とても自然の物とは見えない。
潜れて感激!
日本最西端
200707292237352
20070729223735
20070729223551
200707292235502
20070729223550
200707292235492
20070729223549
20070729224019
静かな民宿のベットで起床し、すぐ近くの【与那国ダイビングサービス】でウエットスーツに着替えて、目の前の港から船に乗船。5分程で1本目のポイントに到着し、潜行についてブリーフィングが行われた。このショップのスタイルではパディは組まずに(2人一組で潜るのが基本)、インストラクターがサポートする体制。そもそも初対面の赤の他人に、少しでも命を預ける行為が生じる事に疑問を感じてたから、このシステムは気が楽だ。

予備のオクトパスも無く、器材も一人で背負って潜行開始。最初、ウエィトの重さが足りずに潜行に苦労したけど、1kg追加してバランスが取れた。黒潮が直接ぶつかる与那国の海は透明度が高いと聞いてたけど、実際潜ってそれを痛感。海中は、慶良間で見た海に負けず劣らず青い。

素晴らしい世界を30分程楽しんだ後は減圧症を防ぐ為、水深5m付近で5分程安全停止を行い船上へ。そしてすぐさま船は港へ戻り、体内窒素濃度が薄くなるまで休憩を兼ね昼食を食べた後(深度や潜水時間によって決まる)、2本目は「ダイヤティ」というポイントへ潜行。ここでは、巨岩に開いた大きな穴を探検し、見事な光の美を堪能した。

いよいよ3本目は、待ってましたの【海底遺跡】。船は15分程でポイントへ到着。このポイントは、夏場に強く吹く南風と潮流によって潜れない事も多々あるらしいけど、今日は無事にGOサインが出された…
《海中風景は後に掲載の写真参照》
…感動の時を過ごした後はショップに戻り、一緒に潜った5人とログ付けを行い解散。そして、「日本最西端の碑」から夕日を見た後、民宿1階の居酒屋で飯を食って部屋で就寝。

29日食べた物 バナナ、冷や汁、ソーメンチャンプルー、串カツ、塩せんべ、あずき、梅亀せん
飲食代    約2000円
ダイビング代  23500円(3本+フルレンタル+昼食)
       計25500円
自己評価点 95点
写真
●昼食で食べた冷や汁。キュウリとご飯のマッチングが好きじゃないけど、刺身が入ってたから美味しく頂いた。
●風呂に入る習慣が無い沖縄では、シャワーのみの民宿が多いのかな。
●先日泊まった宿で吊るしてあったカレンダーの標語。俺の事?
27日波照間島ニシ浜シュノーケリング
200707302032202
20070730203220
20070730203218
ニシ浜から沖合いへ向かって歩いて行くと、しばらくは砂浜が続くけど、水深が急に深くなる直前に、見事なサンゴ礁畑が広がっている。泳げない人でも足が届くと思うから、砂地の部分で諦めずに進んで行く事をオススメするよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。